この度の「平成28年熊本地震」により被災された皆様に、心よりお見舞いを申し上げます。
皆様の安全と一日も早い復旧を心よりお祈り申し上げます。

小学館アカデミー・イーコラボ

イーコラボについて

英語が口からあふれだす!
そのひみつは「ストーリーベースカリキュラム」
イーコラボでは、青山学院大学アレン玉井光江教授が、長年の研究結果を基に開発した、日本の子どもに最適の英語学習メソッド「ストーリーベースカリキュラム」を使用します。

【ストーリーテリング】豊かな英語に接し、大量の英語を聞くことに慣れます、【ジョイントストーリーテリング】全身を活用して、英語を何度も重ねて使うことで、「自分の言葉」として身につけます。、【アクティビティ】Storyに関連した“教科横断学習”により、子どもたちの学ぶ喜びを満たします。【リテラシー】「聞く、話す」力から
    「読む、書く」力へ導きます。

~「ストーリーベースカリキュラム」開発者~:アレン玉井光江 幼児・児童英語教育の第一線で長年活躍し、実際に3歳から12歳の英語教育現場にも携わる。主な著書に、『小学校英語の教育法―理論と実践』(大修館書店)、中学教科書『New Horizon1、2、3』(東京書籍:編集委員)など多数。 日本児童英語教育学会(JASTEC)理事。

「ストーリーベースカリキュラム」のレッスン
~言語の習得は、「意味のある文脈」の中で起こるもの~
お子さまが、日本語(母国語)を身につけるとき、生活の中でたくさんの情報を含んだ、まとまりのある言葉に触れながら身につけていくのではないでしょうか。 言葉の習得には、実際に言葉が使われている状況=「意味のある文脈」が必要なのです。 イーコラボでは、「意味のある文脈」があり、子どもたちに大変身近なもの、ストーリー(物語・昔話)を使い、文脈に富んだ、まとまりのある言葉に触れていきます。物語を題材にした「ストーリーベースカリキュラム」では、お子さまが自分の中にすでにある知識を使い、想像できるので、英語でも不安を持たずに聞くこと、そして口にすることができるのです。

POINT1:週1英語から週7英語でしっかり身につく!

日常生活で英語を使わない日本の環境において、英語を身につけるには、「たくさん聞いて、口に出す」という経験が不可欠です。週1回の教室での学習に加えて、ご家庭では、どこでも聞けて、楽しく学べる「音声ペン(Edu Talk)」をフル活用。毎日の英語学習に意欲的に取り組める仕組みになっています。

POINT2:子供も親も成果を実感!

お子さまのやる気を引き出し、成果を示す2種類のテスト(※)があります。また、英語発表会でご家族の方もお子さまの成長を感じていただけます。
※Kids2クラスより

POINT3:「先生がよい英語教室」2年連続第1位!

イーアワードイーコラボの英語の先生は、「イード・アワード2013・2014こども英語教室」において、「先生がよい英語教室」部門2年連続第1位に選ばれました。講師がNo.1の教室で楽しく身につく英語が学べます。

POINT4:振替制度がございます!

お休みをしてしまっても、振替レッスンを受けられるので安心です。
※教室により設定状況が異なりますので、詳しくはお問合せください。

実際に授業で使われている桃太郎の音声が試聴できます!!

CM動画がご覧いただけます!!

今なら!

【まずはお近くの教室をCHECK!!】小学館の英語教室イーコラボが受講できる教室一覧はこちら! 【まずはお近くの教室をCHECK!!】小学館の英語教室イーコラボが受講できる教室一覧はこちら!

↑ページの一番上に戻る