TOP企業情報沿革

沿革

2000

  • 関連会社「ミキハウス子育て総研」を設立
  • 新番組「のりものスタジオ」テレビ東京系にて放送開始
  • 「ボブとはたらくブーブーズ」のマスターライセンシー契約を締結
  • 米国・サンフランシスコに「ShoPro USA」を設立
  • グループウェアを導入し、全社ネットワークを構築

1999

  • ハイパーハイブリッドアニメ「ゾイド」毎日放送系にて放送開始
  • 大人向け文化・教養講座として、ライフパル「パソコン教室」開講

1998

  • TVアニメ「Pokémon」全米での放送開始
  • 劇場版ポケットモンスター「ミュウツーの逆襲」公開
  • ホ-ムパル、新教材を導入
  • 関連会社「ミキハウス&小学館プロダクション」設立、「ミキハウスキッズパル」を開校
  • 関連会社「小学館ミュージック&デジタルエンタテイメント」設立

1997

  • 新番組「おはスタ」テレビ東京系にて放送開始
  • 劇場版「爆走兄弟レッツ&ゴー!!」公開
  • 郵政省より「ドラえもん」の通常切手発行
  • TVアニメ「ポケットモンスター」テレビ東京系にて放送開始
  • HAS(ハズ=Human Assistant Service)事業部発足
  • 本社社屋を進興ビル(千代田区小川町)に移転

1996

  • TVアニメ「バケツでごはん」日本テレビ系にて放送開始
  • TVアニメ「爆走兄弟レッツ&ゴー!!」テレビ東京系にて放送開始
  • ビデオSuper Jet Series第1弾「T‐4ブルーインパルス」発売
  • デジタルスタジオ室発足

1995

  • TVアニメ「モジャ公」テレビ東京系にて放送開始
  • 自然体験活動「あそぼうけんクラブ」発足
  • スタ一・ウォーズコミックスシリーズ「スター・ウォーズ1.2.3」発売
  • Lucasfilm Ltd.のキャラクター商品化権を取得、「スター・ウォーズ」のライセンス業務を開始
  • 通信添削「習熟ゼミ(「ドラゼミ」の前身)」始まる

1994

  • 「第1回次世代ワールドホビーフェア」を東京・大森ベルポートで開催
  • ドラえもんの初舞台「ドラベンチャー・ミュージカル」公演
  • 初のマーヴルコミックスのムック本「X‐MEN」、「スパイダーマン」発売
  • 米マーヴル社のキャラクター「X-MEN」テレビ放映開始

1993

  • 小学館発行の雑誌「サライ」誌上で、中高年層向けの通販サービスを開始
  • 3・4・5歳児を対象とする「幼児英語コース」の全国展開開始
  • スーパーファミコン用ゲームソフト「らんま1/2 爆烈乱闘篇」を発売
  • 米マーヴル・エンターテインメント社のキャラクター商品化権取得

1992

  • ダイエー店内にホームパルの教室を開設
  • TVアニメ第2弾「スペース・オズの冒険」放送開始
  • 小学館エデュケーション・ネットワーク/ハワイ校開校

1991

  • 当社初のTVアニメ番組「炎の闘球児 ドッジ弾平」制作、放送開始
  • 版権営業及び自社商品の制作、宣伝販売を主眼とし、メディア事業部を発足
  • 「小学館プロダクションU.S.A.」設立