【TOP】小学館の通信添削学習 ドラゼミ
教育は、日々変化します。
教育は、日々変化します。
この変化に対応しているのがドラゼミです

今後の大学入試で重視される「思考力・判断力・表現力」といった活用力を伸ばすには【基礎】がきちんと身についていることが絶対不可欠です。土台となる基礎がきちんと身についていなければ、活用力を育むことはできません。

ドラゼミではこの非常に重要な基礎を、漢字・計算の反復問題や豊富な読解問題を通じて着実に身につけていきます。
そして基礎が定着したうえで、「思考力・判断力・表現力」につながるプラスαの力を身につけるという段階的なスタイルで学習効果を高めます。

多彩な問題に触れ、活用力の土台を作る

思考力・判断力・表現力を身につけるためには、低学年からそれを視野にいれた学習を始めることが必要です。

小学校の学習は、低学年ほど【基礎】の比重が高く、学年が上がるごとに、基礎を活用した【活用力】の割合が高くなります。

低学年のうちにしっかり基礎を固めておかないと、高学年の学習における活用力が成立しません。ドラゼミはこのバランスを十分に考慮して、基礎とプラスα問題を配分しています。

高学年の活用力につながる基礎を低学年のうちに着実に固め、さらに、一年生のうちから活用力問題に取り組み抵抗感をなくします。

子どもたちが大好きなドラえもんと一緒に学習をすることで、自学自習(自ら机に向かう)の習慣が自然と身につくのも、ドラゼミの大きな魅力です。 テキスト誌面にはドラえもんや仲間たちが登場し、お子さんの学習を温かく応援します。