ページトップへ戻る

ページトップへ戻る

本や読書が大好きな人たちの
知的探求に応えます。

本を読もう!講座を聞こう!

「もっと教養を深めたい」「役に立つ知識を身につけたい」
「いろいろなことを知りたい」「知らない世界の話を聞いてみたい」
そんな人たちのための講座それが 小学館神保町アカデミー です。

  • 歴史
  • 文学
  • 文芸
  • 芸術
  • 芸能
  • 美術
  • 映画
  • 音楽
  • 科学
  • 法律
  • 趣味
  • サブカルチャー
  • 社会
  • くらし

申込要項はこちら

講座一覧

11/8(水)13:30 ~ 15:00

江戸東京文学探訪 -神田神保町界隈-

文学作品に登場する場所や文人ゆかりの地にスポットを当てて、より深く文学や古典を楽しんでいただく趣向の講座です。今回は神田神保町を取り上げ、馬琴から漱石、一葉や子規など名立たる文人と神田神保町との繋がりを探ります。

    • 定員
    • 38名
    • 受講料
    • 3,240円(税込)
    • 持ち物
    • 筆記具
【講 師】
佐山辰夫
【講師肩書】
元文学担当編集者
【プロフィール】
小学館の編集長として『新編日本古典文学全集』『全集樋口一葉』など数多くの古典文学関連書籍を刊行。現在も文京一葉会副会長を務め、講演や書籍編集などに活躍中。

お申し込みはこちら

▼もっとみる

11/10(金)13:30~15:00

もっと気軽に、ちょっと知的に展覧会を楽しむ講座

近く首都圏で開催される人気の高い展覧会の見どころや作品を紹介して美術鑑賞を深める講座です。初回は『ゴッホ展』(東京都美術館 2017/10/24~2018/1/8)と『興福寺中金堂再建記念特別展「運慶」』(東京国立博物館 2017/9/26~2017/11/26)です。

    • 定員
    • 38名
    • 受講料
    • 3,240円(税込)
    • 持ち物
    • 筆記具
【講 師】
中村 明子
【講師肩書】
大妻女子大学非常勤講師
【プロフィール】
慶應義塾大学大学院文学研究科哲学専攻美学・美術史学分野修士課程修了。東京文化財研究所勤務を経て、現在、大妻女子大学で「日本の美術」を担当。またカルチャーセンターで「西洋の美術」の講座をもつ。主な執筆に『週刊西洋絵画の巨匠8 レンブラント』(小学館)、著書に『ビジュアル図解 聖書と名画』(西東社)がある。

お申し込みはこちら

▼もっとみる

11/13(月) 13:30~15:00

超実践!今日からの俳句入門

俳句を作ってみたい方、自分の句の善し悪しを知りたい方、句会に出たいけれど何をすればよいか分からない方に向けて、実践的な俳句の詠み方を解説する講座です。俳句の基礎知識を学んだ後、短冊に書き写していただいた各自の句を講評します。

    • 定員
    • 26名
    • 受講料
    • 3,240円(税込)
    • 持ち物
    • 筆記具(サインペン、ボールペン等)
      秋の句を一句(教室で短冊に書き写していただきます)
【講 師】
飛岡 光枝
【講師肩書】
俳人・編集者
【プロフィール】
小学館の編集者として『週刊 日本の歳時記』等の編集に携わる。20代で俳句をはじめ、長谷川櫂に師事し、結社誌『古志』に創刊より参加する。現在は『古志』自選同人、題詠欄選者、「季語と歳時記の会」など幅広い分野で活躍。句集に『白玉』(花神社)がある。

お申し込みはこちら

▼もっとみる

11/20(月) 13:30~15:00

本をつくろう!【入門講座】

自分の歩みを形に残したい、作品集や写真集を発表したいなど、様々な目的で本をつくりたい方々に向けた“本づくりの入門講座”です。フィクション、ノンフィクション、作品集など様々な本づくりの基本知識を講義します。費用や流通、制作に関わる質問にもお答えします。

    • 定員
    • 38名
    • 受講料
    • 3,240円(税込)
    • 持ち物
    • 筆記具
【講 師】
内田 正彦
【講師肩書】
出版アドバイザー・元出版社社長
【プロフィール】
小学館で幼児誌、絵本、書籍の編集長を歴任。後に小学館スクウェアの設立に参画し、2002年に代表取締役に就任。企業、団体、個人による二百数十点の出版物の企画・制作・販売を手がけた。現在もデージー図書の制作などに携わっている。

お申し込みはこちら

▼もっとみる

11/22(水)13:30~15:00

フカボリ!庭園鑑賞
~絵巻に学ぶ日本庭園の歴史と文化~

歴史的・造園的な観点から日本庭園の魅力や見どころをやさしく解説します。京都の代表的な庭園を取り上げ、日本の絵巻物を見ながら、庭園を通した日本文化の奥深さに迫ります。庭園鑑賞の楽しさを更に深めていただける講座です。

    • 定員
    • 38名
    • 受講料
    • 3,240円(税込)
    • 持ち物
    • 筆記具
【講 師】
田中 昭三
【講師肩書】
庭園文化研究家
【プロフィール】
日本の伝統文化の書籍編集者を経て現在はフリー記者。主な著書『日本庭園の見方』『京都とっておきの庭案内』『サライの「日本の庭」完全ガイド』(以上小学館)、『入江泰吉と歩く大和路仏像巡礼』(ウエッジ)、『江戸東京の庭園散歩』(JTBパブリッシング)ほか。

お申し込みはこちら

▼もっとみる

12/1(金)12:00 ~ 15:30

-ビギナー向け江戸歴史散策-
江戸・幕末維新を見る、歩く

来年は明治維新から150年、国民的歴史ドラマも舞台は「幕末」です。都内に残るゆかりの地を巡り、古地図などを見ながら講師の絶妙なトークで、歴史ビギナーにわかりやすく江戸・幕末維新を解説します。
※現地を散策する講座です。

    • 定員
    • 20名
    • 受講料
    • 3,240円(税込)
      ※交通費・入館料等は各自負担
    • 散策エリア
    • 港区芝周辺(愛宕山・増上寺など)
    • 集合場所
    • 東京メトロ日比谷線・神谷町駅
      ※現地集合・解散

※雨天の場合は散策を中止して、神保町で講義形式(90分)の内容に変更して実施をいたします。散策中止の場合は当日朝にお電話でご連絡します。
※参加者へは別途詳細をご案内いたします。

【講 師】
関一成
【講師肩書】
江戸文化歴史検定1級合格者
【プロフィール】
合格率1桁台という超難関「江戸文化歴史検定」の1級に合格。江戸のエキスパートとして、「江戸楽アカデミー」をはじめ各所で講座やガイドなどに活躍。幼少期より大好きな時代劇や歌舞伎への造詣も深い。

お申し込みはこちら

▼もっとみる

12/8(金) 10:30~12:00

キネマ旬報ベスト・テンで振り返る映画の歴史

『キネマ旬報』の元編集長だからお話できる貴重なエピソードを交えながら映画の歴史を振り返る、映画好きの方、必聴の講座です。初回は、『キネマ旬報』の青木編集長との対談も交え『キネマ旬報』のベスト・テンにまつわる数々のエピソードをお話ししながら今年の映画界を振り返ります。

    • 定員
    • 38名
    • 受講料
    • 3,240円(税込)
    • 持ち物
    • 筆記具
【講 師】
掛尾 良夫
【講師肩書】
城西国際大学メディア学部副学部長・元キネマ旬報編集長
【プロフィール】
早稲田大学卒。『キネマ旬報』編集長、キネマ旬報映画総合研究所所長を歴任。現在「田辺市・弁慶映画祭・プログラムディレクター」を務める。城西国際大学メディア学部副学部長。

お申し込みはこちら

▼もっとみる

12/8(金) 13:30~15:00

知っておきたい「やきもの」の基礎知識

茶器や食器など和食文化を引き立てる「やきもの」について、歴史や種類、伝統的な窯業地の地域的特色など、基礎的な知識を初心者向けにお話しします。使う時や買う時に役立つ、そしてちょっと人に語りたくなるような薀蓄(うんちく)が満載です。

    • 定員
    • 38名
    • 受講料
    • 3,240円(税込)
    • 持ち物
    • 筆記具
【講 師】
橋本怜子
【講師肩書】
編集者・ライター
【プロフィール】
古陶磁から現代陶芸まで、100冊を超えるやきものの本の編集、取材、執筆に携わる。好きなやきものは、唐津焼、染付、白いやきもの。また古建築・仏教美術にも興味をもち、現在「見て歩き」で修業中。

お申し込みはこちら

▼もっとみる

12/18(月) 13:30~15:00

心の免疫強化法:認知行動療法の観点から

“三つ子の魂百まで”と言われるように性格を変えることは難しい。しかし、自分の性格で悩んだり、人間関係で悩んだり、このままで人生を終わりにしないためには、どうしたらいいのか? 心の免疫機構を見直してその仕組みがわかると答えが見えてきます。認知行動療法の視点からみなさんと一緒に考えたいと思います。

    • 定員
    • 38名
    • 受講料
    • 3,240円(税込)
    • 持ち物
    • 筆記具
【講 師】
堀越 勝
【講師肩書】
国立精神・神経医療研究センター 認知行動療法センター センター長
【プロフィール】
米国ハーバード大学医学部 精神科 上席研究員、マサチューセッツ総合病院・マクレーン病院、強迫性障害研究所等に勤務し、筑波大学大学院人間総合科学研究科 講師、国立精神・神経医療研究センター 認知行動療法センター 研修指導部長を経て2015年4月より現職。

お申し込みはこちら

▼もっとみる

小学館神保町アカデミーとは

150を超える古書店や専門書店が立ち並ぶ世界一の本の街――神保町
学生からシニアまで、本を求めて知的好奇心旺盛な人たちが集まり賑わっています。
そんな街・神保町を拠点にした文化・教養講座、それが「小学館神保町アカデミー」です。
小学館神保町アカデミーは、歴史・文学・芸術からサブカルチャーまで様々なジャンルをテーマにした講座をご用意して、
神保町に集まる人たちの知的探求に応えます。

「もっと教養を深めたい」「役に立つ知識を身につけたい」「知らない世界の話を聞いてみたい」

――そんな人たちに受けていただきたい講座です。
書店めぐりの合間に、ひとときゆっくりと講座を聞く――
そんな神保町ならではの一日を過ごしてみてはいかがですか。

※2017年11月よりプレ開講としてスタートし、2018年4月からは更にラインナップを揃えて本格始動します。

講師がみなさまのニーズに合わせて、お勧めする本を数冊ご紹介!
そのテーマのことをもっと知りたい、もっと勉強したいという時に役立ちます。
講座を聞いたあとは是非、神保町界隈の本屋さんをのぞいてみましょう。

お茶の無料サービスがありますので、のどを潤しながらくつろいで講座を聞いてください。
書店など巡りながら、ひととき講座に耳を傾ける。
――そんな神保町ならではの過ごし方を提案します。

お申し込みはこちら

お知らせ

  • [2017年09月12日] 小学館神保町アカデミーのサイトができました!