ページトップへ戻る

ページトップへ戻る

必見! 人気講座ピックアップ

本や読書が大好きな人たちの
知的探求に応えます。

本を読もう! 講座を聞こう!

「もっと教養を深めたい」「役に立つ知識を身につけたい」
「いろいろなことを知りたい」「知らない世界の話を聞いてみたい」
そんな人たちのための講座、それが 小学館神保町アカデミー です。

申込要項はこちら

カテゴリ別講座一覧

おすすめ講座

講座一覧はこちら

2018/12/5(水)13:00~14:30

  • 社会・生活
  • 文化・娯楽

耳を鍛えると表現力が上がる!プロが教える“伝える技術”

見聞きした出来事をだれかに話したり、ちょっとした文章に書き残そうとした時、なかなか伝えきれない・表現しきれないことにもどかしい思いをする方も多いのでは? 
話し言葉でも、書き言葉でも、そのように「もっと相手に伝わる豊かな表現力を身につけたい」という方におススメの講座です。

実は相手に伝わる豊かな表現力を身につけるためには、
"耳を鍛える"ことがとても効果的なのです。
それはなぜか? 目を閉じれば遮断できる視覚などとは違い、 "耳"は常に音が聞こえるように開放されています。
ところが、音があふれる現代社会では、私たちは無意識に耳に制限をかけ、音から意識をそらして暮らしているのです。
しかし、音はときに視覚よりも雄弁にイメージを伝えます。
たとえば都会の雑踏の中でふいに聞こえてきた穏やかな鳥のさえずりや、突然振り出した雨に慌てて走りだす人たちの足音......。
多くの人が見過ごしている音に意識を向け、音を伝えることで、相手に豊かなイメージを思い浮かばせ、印象に残る表現を作ることができるのです。

音と言葉だけで人々の心を惹きつけるラジオドラマの世界で、1,000以上もの作品を作り出してきた講師とともに、耳を鍛えて表現力を高める"伝える技術"を学んでみませんか?

    • 講座番号/略称/日程
    • ■A-67【伝える技術】12月5日(水)13:00~14:30「耳を鍛えると表現力が上がる! プロが教える“伝える技術”」※講座番号(A-〇〇)、略称(【伝える技術】)をご参照のうえ、「お申込みフォーム」よりお選びください。
    • 定員
    • 38名
    • 受講料
    • 3,240円※税込
    • 集合場所
    • 小学館集英社プロダクションSP神保町第3ビル(東京都千代田区神田神保町2-18)
【講 師】
北阪 昌人
【講師肩書】
ラジオドラマ作家
【プロフィール】
1963年大阪生まれ。学習院大学独文科卒業。日本放送作家協会会員・日本脚本家連盟会員。『NISSAN あ、安部礼司』『AKB48の私たちの物語』など数多くの番組を手がけ、書いたラジオドラマ脚本は1,000作品にも及ぶ。数々の受賞歴があり、後継の育成にも尽力。主な著書に『世界にひとつだけの本』(PHP研究所)、絵本『えいたとハラマキ』(小学館)、『ラジオドラマ脚本入門』(映人社)がある。

お申し込みはこちら

▼もっとみる

2018/11/30(金)15:30~17:00

  • 文化・娯楽
  • 法律・経済・ビジネス

著作権 超入門 盗作論争の正しい見方

盗作論争は古くて新しい問題。
日本中を揺るがせた「2020オリンピックエンブレム盗作疑惑」から「芥川賞候補盗作論争」「映画『カメラを止めるな!』原作騒動」etc...、今やメディアやネットで大小の「パクリ」論争を見かけない日はない程です。
「なんか似ている」、「どこかで聴いたことがある」、「〇〇の話に似てる」、「これは●●の盗作だ!」……。
もちろん「パクリ過ぎ」はいけません。しかし、我々の文化は模倣や参照で発展して来たこともまた事実。そもそも類似点が多ければ著作権侵害と言っていいのか? どれだけ似ていれば侵害になるのか? モラルとルールの境目は?
盗作論争の見方がぐっと深くなるポイントを、福井弁護士と一緒に学びます。

    • 講座番号/略称/日程
    • ■A-53【著作権】11月30日(金)15:30~17:00「著作権 超入門 盗作論争の正しい見方」※講座番号(A-〇〇)、略称(【著作権】)をご参照のうえ、「お申込みフォーム」よりお選びください。
    • 定員
    • 38名
    • 受講料
    • 3,240円※税込
    • 集合場所
    • 小学館集英社プロダクションSP神保町第3ビル(東京都千代田区神田神保町2-18)
【講 師】
福井 健策
【講師肩書】
弁護士・骨董通り法律事務所 代表パートナー
【プロフィール】
弁護士(日本・ニューヨーク州)/日本大学芸術学部・神戸大学大学院 客員教授 1991年 東京大学法学部卒。米国コロンビア大学法学修士。 現在、骨董通り法律事務所 代表パートナー。 「著作権の世紀」「誰が『知』を独占するのか」(集英社新書)、「『ネットの自由』vs.著作権」(光文社新書)、「18歳の著作権入門」(ちくまプリマ―新書)、「AIがつなげる社会」(弘文堂)ほか。国会図書館審議会会長代理、内閣知財本部など委員を務める。
Twitter: @fukuikensaku

お申し込みはこちら

▼もっとみる

2018/12/20(木)13:00~15:00

  • 社会・生活
  • 心理

心の免疫強化法 その3:「人間関係」

人は一生を通じて“人間関係”と無縁では生きていけません。
楽しくて居心地のいい人間関係だけで生きていくことは困難で、むしろ人間関係で傷つき、新たな人間関係が待っていると思うと不安になるという人が多いのではないでしょうか。
今回は“人間関係”に焦点を当ててお話しします。人は一人では生きていけません。家族であれ、友人であれ他者との交流なしに生きていくことは不可能です。
“人間関係”についてご一緒に考えてみたいと思います。

    • 講座番号/略称/日程
    • ■A-54【心】12月20日(木)13:00~15:00「心の免疫強化法その3:「人間関係」」※講座番号(A-〇〇)、略称(【心】)をご参照のうえ、「お申込みフォーム」よりお選びください。
    • 定員
    • 38名
    • 受講料
    • 3,240円※税込
    • 集合場所
    • 小学館集英社プロダクションSP神保町第3ビル(東京都千代田区神田神保町2-18)
【講 師】
堀越 勝
【講師肩書】
国立精神・神経医療研究センター
認知行動療法センター センター長
【プロフィール】
米国ハーバード大学医学部 精神科 上席研究員、マサチューセッツ総合病院・マクレーン病院、強迫性障害研究所等に勤務し、筑波大学大学院人間総合科学研究科 講師、国立精神・神経医療研究センター 認知行動療法センター 研修指導部長を経て2015年4月より現職。

お申し込みはこちら

▼もっとみる

2018/12/13(木)13:00~14:30

2019/1/10(木)13:00~14:30

2019/2/14(木)13:00~14:30

  • 文化・娯楽
  • 文学・文芸

知れば知るほど楽しくなる俳句づくり入門

初めて俳句に挑戦する方はもちろん、自分の句の善し悪しを知りたい方、句会に出たいけれど何をすればよいか分からない方など、幅広い知識を学んで俳句をもっと楽しみたい方も大歓迎の入門講座です。
①と②は各テーマについて講義をした後、お持ちいただいた句の講評を行います。
③は句会形式。各自が準備した句から「よいと思う句」を選ぶことで、俳句づくりのポイントが身につきます。

① 季語の使い方(年末・新年の季語を中心に)・講評

俳句の基本的な約束事である季語について、
今回は「年末・新年の季語」を中心に講義します。
季語を使いこなすには、
季語の本意をしっかり把握して使うことが大切です。
季語の選び方や季語の使い方を工夫するポイントを学びましょう。

※年末・新年の句を「一句」、詠んでお持ちください。

-----------------------------------------------------------

② 名句の読み方 (冬・新年)・講評

名句はなぜ名句と呼ばれるのでしょうか。
さまざまな名句に触れて読むことで、その魅力を考えましょう。
名句を読みしっかり理解することは、
自分の句のステップアップに確実につながります。
今回は「冬・新年の名句」を中心に講義します。

※冬・新年の句を「一句」、詠んでお持ちください。

-----------------------------------------------------------

③句会・講評

句会を開催いたします。
受講者の皆さまと講師が持ちよった句を、誰がつくったのか分からないように用紙に書き写します。

その中からご自身が「よいと思う句」を選びます(ただし、自分の句は選びません)。
全員が選び終わったら、どの句を選んだかを発表していただきます。
ご自身がどのような句をよいと思うのかを知ること、また、講師が選んだ句への講評を聞くことによって、俳句がより身につき、楽しむことができる機会となります。

※春の句を計「三句」、詠んでお持ちください。

    • 講座番号/略称/日程
    • ■A-63【俳句】①12月13日(木)13:00~14:30 「知れば知るほど楽しくなる俳句づくり入門」
      ---------------------------------------
      ■A-64【俳句】②1月10日(木)13:00~14:30 「知れば知るほど楽しくなる俳句づくり入門」
      ---------------------------------------
      ■A-65【俳句】③2月14日(木)13:00~14:30 「知れば知るほど楽しくなる俳句づくり入門」
      ---------------------------------------
      ■A-66【俳句】①~③全て受講 「知れば知るほど楽しくなる俳句づくり入門」※講座番号(A-〇〇)、略称(【俳句】)をご参照のうえ、「お申込みフォーム」よりお選びください。
    • 定員
    • 各26名
    • 受講料
    • ■1回ずつ受講:3,240円
      ■3回全て受講:8,640円※全て税込 ※1回ずつでも受講いただけますが、「3回全て受講」でまとめてお申込みいただくとお得な費用で受講いただけます。
    • 持ち物
    • 共通:筆記具(サインペン、ボールペン等)、ノート・メモ帳等
      ①:年末・新年の句を一句
      ②:冬・新年の句を一句
      ③:春の句を「三句」
    • 集合場所
    • 小学館集英社プロダクションSP神保町第3ビル(東京都千代田区神田神保町2-18)
【講 師】
飛岡 光枝
【講師肩書】
俳人・編集者
【プロフィール】
小学館の編集者として『週刊 日本の歳時記』『こども歳時記』等の編集に携わる。20代で俳句をはじめ、長谷川櫂に師事し、結社誌『古志』に創刊より参加する。現在は『古志』自選同人、題詠欄選者、「季語と歳時記の会」など幅広い分野で活躍。句集に『白玉』(花神社)がある。

お申し込みはこちら

▼もっとみる

2018/10/1(月)13:00~14:30

2018/11/5(月)13:00~14:30

2018/12/3(月)13:00~14:30

  • 文化・娯楽
  • 文学・文芸
  • 歴史

江戸東京文学探訪

文学作品に登場する場所や文人ゆかりの地にスポットを当てて、より深く文学や古典を楽しんでいただく趣向の講座です。毎回、テーマ別に様々な作品を取り上げて、作品の舞台となった土地や作者自身が縁を持った地域、関わりのあった各地の名所・名跡についても講義します。

第4回:一葉日記の東京

その短い生涯のなかで、いくつもの秀作を遺した女流作家・樋口一葉。『一葉日記』を通して、菊坂や竜泉寺など、彼女が過ごした足跡を辿ります。

※修了しました。

-----------------------------------------------------------

第5回:啄木歌集の東京

故郷の岩手県を出て、北海道を漂泊し、東京へと辿りついた歌人・石川啄木。望郷の想いを胸に過ごした東京と啄木との関わりを語ります。

※修了しました。

-----------------------------------------------------------

第6回:中 勘助『銀の匙』の東京

夏目漱石より高い評価を受け、読者からも愛され続ける中 勘助の自伝風小説『銀の匙』。神田、小石川など、作品の舞台となった当時の東京の姿を探ります。

    • 講座番号/略称/日程
    • ■A-46【文学】第6回:12月3日(月)13:00~14:30「江戸東京文学探訪」
      ---------------------------------------※講座番号(A-〇〇)、略称(【文学】)をご参照のうえ、「お申込みフォーム」よりお選びください。
    • 定員
    • 各38名
    • 受講料
    • ■3,240円※全て税込 ※1回ずつでも受講いただけますが、「3回全て受講」でまとめてお申込みいただくとお得な費用で受講いただけます。
    • 集合場所
    • 小学館集英社プロダクションSP神保町第3ビル(東京都千代田区神田神保町2-18)
【講 師】
佐山 辰夫
【講師肩書】
元文学担当編集者
【プロフィール】
小学館の編集長として『新編日本古典文学全集』『全集樋口一葉』など数多くの古典文学関連書籍を刊行。現在も文京一葉会副会長を務め、講演や書籍編集などに活躍中。

お申し込みはこちら

▼もっとみる

2018/12/19(水)13:00~14:30

  • 文化・娯楽
  • 歴史

ちょっとヘンかも?時代劇 ~これがホントの江戸時代~

テレビ・映画の時代劇でおなじみの場面や、誰でも知っている歴史上の有名なシーンやエピソード。詳しく調べてみると、ちょっとおかしなことや明らかに史実と違うことが結構あるものです。 そんな時代劇のウソやホントを、江戸検1級合格者であり、大の時代劇ファンである講師が、ズバリ!指摘して、スッキリ!解説します。 軽妙なトークで、オモシロおかしく語る時代劇と江戸のお話し。史実やフィクションを知ることで、歴史の楽しさがきっと深まります。

    • 講座番号/略称/日程
    • ■A-52【時代劇】12月19日(水)13:00~14:30「ちょっとヘンかも?時代劇 ~これがホントの江戸時代~」※講座番号(A-〇〇)、略称(【時代劇】)をご参照のうえ、「お申込みフォーム」よりお選びください。
    • 定員
    • 38名
    • 受講料
    • 3,240円※税込
    • 集合場所
    • 小学館集英社プロダクションSP神保町第3ビル(東京都千代田区神田神保町2-18)
【講 師】
関 一成
【講師肩書】
江戸文化歴史検定1級合格者
【プロフィール】
合格率1桁台という超難関「江戸文化歴史検定」の1級に合格。江戸のエキスパートとして、「江戸楽アカデミー」をはじめ各所で講座やガイドなどに活躍。幼少期より大好きな時代劇や歌舞伎への造詣も深い。

お申し込みはこちら

▼もっとみる

小学館神保町アカデミーとは

150を超える古書店や専門書店が立ち並ぶ世界一の本の街――神保町
学生からシニアまで、本を求めて知的好奇心旺盛な人たちが集まり賑わっています。
そんな街・神保町を拠点にした文化・教養講座、それが「小学館神保町アカデミー」です。
小学館神保町アカデミーは、歴史・文学・芸術からサブカルチャーまで様々なジャンルをテーマにした講座をご用意して、
神保町に集まる人たちの知的探求に応えます。

「もっと教養を深めたい」「役に立つ知識を身につけたい」「知らない世界の話を聞いてみたい」

――そんな人たちに受けていただきたい講座です。
お茶の無料サービスがありますので、のどを潤しながらくつろいで講座を聞いてください。
書店めぐりの合間に、ひとときゆっくりと講座を聞く――
そんな神保町ならではの一日を過ごしてみてはいかがですか。

講師がみなさまのニーズに合わせて、お勧めする本をご紹介!
そのテーマのことをもっと知りたい、もっと勉強したいという時に役立ちます。講座を聞いたあとは是非、神保町界隈の本屋さんをのぞいてみましょう。

お申し込みはこちら

お知らせ