小学館の通信添削学習ドラゼミ

お電話でのお問い合わせ フリーダイヤル0120-510395 受付時間10時~20時 土曜日のみ16時まで(日・祝日を除く)
小学館の通信添削学習 総合トップ > 小学生の通信教育「ドラゼミ」> ドラゼミEnglishって?

小学生の英語学習教材は通信教育「ドラゼミEnglish」

ドラゼミEnglishは、2020 年の学習指導要領改訂を見据えて制作された、楽しく学べる英語学習教材です。

本教材で大切にしたのは、物事を習得する際に重要なカギとなる“好き”という気持ち

初めて英語を学習するお子さんも、無理なく取り組むことができ、英語の音にたくさん親しみながら、英語を“好き”になることができる教材となっています。

※ドラゼミ会員の方は追加のお申し込みは不要です。
※2018年度小学四年生~六年生コースでは、「英単語BOOK(年間1冊)」と「ワークシート(毎月)」をお届けします。

▲このページの先頭へ

ドラゼミEnglishの特長

お子さんが楽しく取り組めるよう、Oracy,Literacy,Communicationの3つの学習の柱で構成しています。
  • Oracy

    楽しく言語を習得するのにぴったりな「歌」をメイン教材としています。映像に合わせて歌を口ずさみながら、英語独特の長短・強弱のリズム感覚や話し言葉の基礎を身につけることができます。

  • Literacy

    リタラシースキル(読み書きができる力)を育てるうえで、アルファベットの習得はとても大切です。音声を聞きながら読み方を練習し、大文字から親しんでいきます。

  • Communication

    実際に英語を“使う”ことも非常に大切です。身近な生活の中で使える便利な表現を毎月紹介し、自分の言葉として使えるフレーズを増やしていきます。

▲このページの先頭へ

年間カリキュラム

年間カリキュラム
年間カリキュラム

ドラゼミEnglishの教材開発者

「ドラゼミEnglish」は、初めて英語を学習するお子さんでもおうちで楽しく取り組める工夫を散りばめた教材です。
教材開発者であるアレン玉井光江先生に、教材のポイントや、英語学習をスタートするお子さんをお持ちの方へ向けたアドバイスを伺いました。

アレン玉井光江
「言葉を育てるプログラム」

子どもたちは通常5歳ぐらいまでには、大人に近い文法能力を身につけるといわれています。人間は生まれながらに言葉を獲得する力を備えているので、時が来れば立ち上がり、歩き出すのと同様に、自然に言葉を獲得すると考えられています。でも、そのような生まれ持った力を生かすための必要不可欠な条件があります。それは、温かい人との交流のもと、“言葉が生き生きと使われている場面(文脈)”で言葉を聞き、話すことができることです。

私たちは新しい『英語』プログラムについて検討を重ね、どんなに短い時間の英語学習でも、言葉が生き生きと使われている文脈の中でその言葉に関わっていただきたいと考えました。古今東西、子どもたちのために語り継がれてきた物語、歌い継がれてきた遊び歌には、子どもたちの言葉を育てていくたくさんの栄養素が詰まっています。子どもが喜ぶ歌や物語を、子どもとともに、子どものように喜び聞いて歌う活動から、私は多くのことを学び、その魅力に取りつかれました。それをこのプログラムではメインのテキストにすることにしました。おうちの方々もぜひ時間を取り、お子さんと英語の歌や物語を楽しんでみてください。

世界共通語としての英語を身につけることは、子どもたちが世界市民として成長していくうえでとても大切なことです。お子さんが、英語が好きになり、学び続けたいと思ってくださるようにと祈ります。
プロフィール
青山学院大学文学部教授、教育学博士。幼児・児童英語教育の第一線で長年活躍し、実際に3歳から12歳の英語教育現場にも携わる。
主な著書に、『小学校英語の教育法-理論と実践』(大修館書店)、『Story Trees-ストーリーと活動を中心とした小学校英語』(小学館集英社プロダクション)、中学教科書『New Horizon1、2、3』(東京書籍:編集委員)など多数。
日本児童英語教育学会(JASTEC)理事。小学校英語教育学会研究推進委員。

▲このページの先頭へ

資料請求はこちら

※「ドラゼミEnglishのご案内&サンプル」は、「2018年度小学一年生~三年生コース」の資料をご請求いただいた方にお届けしております。

会費一覧入会申込はこちら

※「ドラゼミEnglishのご案内&サンプル」は、「2018年度小学一年生~三年生コース」の資料をご請求いただいた方にお届けしております。