小学館の通信添削学習ドラゼミ

お電話でのお問い合わせ フリーダイヤル0120-510395 受付時間10時~20時 土曜日のみ16時まで(日・祝日を除く)
小学館の通信添削学習 総合トップ > 小学生の通信教育「ドラゼミ」> 英語教育はどう変わる!? 必見インタビュー

小学生の英語学習について専門家インタビュー掲載

ドラゼミEnglishの特長

ドラゼミEnglishの教材開発者であるアレン玉井光江先生のインタビュー記事や、
国際発音検定協会代表理事の奥村真知氏のコラムを更新していきます。

これからの英語教育がどんなふうに変わっていくのか、お子さんが英語を学んでいく上で大人はどのように関わっていけば良いのかなど、ためになる情報が満載です。ぜひご覧ください。

アレン玉井光江

ドラゼミEnglish教材開発者
アレン玉井光江先生のインタビュー記事

『英語でのコミュニケーション。家庭でどう取り組む?』

英語と楽しく出合って、好きになるには?『英語の読み書きが大切な理由』

英語を好きになる秘密は“歌”にある!?

どう変わっていくの?小学校の英語教育

プロフィール
青山学院大学文学部教授、教育学博士。幼児・児童英語教育の第一線で長年活躍し、実際に3歳から12歳の英語教育現場にも携わる。
主な著書に、『小学校英語の教育法-理論と実践』(大修館書店)、『Story Trees-ストーリーと活動を中心とした小学校英語』(小学館集英社プロダクション)、中学教科書『New Horizon1、2、3』(東京書籍:編集委員)など多数。
日本児童英語教育学会(JASTEC)理事。小学校英語教育学会研究推進委員。

アレン玉井光江
プロフィール
音声学を専攻。1988年に英会話スクール創業。「通じる英語」の重要なカギとなる「発音」を科学的に分析するため2005年に㈱プロンテストを設立し、(国研)産業技術総合研究所と「発音から具体的な口の中の状態がわかる」技術を開発し特許を取得。製品は全国の小・中・高・大学に導入、またカシオの電子辞書の全機種にも搭載されており、科学を取り入れた英語教育の最先端を担っている。発音検定R試験実施のため(一社)国際発音検定協会を設立。著書:「英語は発音力」など。

▲このページの先頭へ

資料請求はこちら

※「ドラゼミEnglishのご案内&サンプル」は、「2018年度小学一年生~三年生コース」の資料をご請求いただいた方にお届けしております。

会費一覧入会申込はこちら

※「ドラゼミEnglishのご案内&サンプル」は、「2018年度小学一年生~三年生コース」の資料をご請求いただいた方にお届けしております。