つなしま保育園のブログ

[ 2019.06.10 ] 味噌づくり

6月7日(金)マルコメ株式会社の方をお招きして、味噌づくりを行いました。

少し緊張気味のめろん組のお子さまたちが入室してきます。

3391276201951570.JPG

まずは「味噌は何でできているかな?」と

前日に予習していたお子さまたちは積極的に手をあげて「大豆、お米、水、しお」と答えました。

10401276201951570.JPG39401276201951570.JPG

では大豆からできるものは他には何かな?

「なっとう!」と声をそろえて答えたのち、「豆腐」「きなこ」「えだまめ」と一人ずつ手をあげて答えています。

味噌づくりを楽しみにしていたお子さまたちは図鑑をみて自主勉強をしたそうです。

さっそく味噌づくり開始!味噌づくりの工程は4つです。

①大豆をつぶします。

大豆は事前にふかして柔らかくしてあります。まずはどんな匂いがするかな?

「いいにおい」「栗のにおいがする」「見た目は納豆だ」

25481276201951570.JPG18491276201951570.JPG

手の平を上手につかって豆をつぶします。「どうやったら上手くつぶれる?」

「1時間くらいかかりそう・・・。」と力のいる作業に精を出します。

つぶれた大豆に「もうお味噌だ」と感動するお子さまもいました。

17531276201951570.JPG

②麹と塩を合わせます。

麹はお米に微生物を混ぜてできたものです。ちょっと麹を摘まんで試食してみました。

「お米に似てるね」「コリコリしている」「甘い」と言葉がありました。

4631376201951570.JPG541376201951570.JPG

③麹と大豆を合わせます。

味噌の赤ちゃん(たね)ができました。

3041376201951570.JPG5341376201951570.JPG

④すでにできている味噌を少し合わせ、完成です。

2051376201951570.JPG

半年くらい寝かせると美味しくなります。右から1日、1か月、3か月、半年、1年と味噌の変化を見せてもらいました。

だんだんと色が濃く茶色になってくるね。

4151376201951570.JPG

お子さまたちは「チョコレートみたい」と真っ茶になった味噌を見て、半年後の出来上がりを楽しみにしています。

前へ:5月生まれのお誕生会

次へ:親子遠足

つなしま保育園のブログ一覧に戻る

資料請求・お問い合わせはこちら
  • 小学館アカデミー保育園 採用情報はこちら
  • 全国保育サービス協会
    ベビーシッターのHAS は公益社団法人
    全国保育サービス協会の正会員です。

個人サービス

  • ベビーシッターサービス
  • 託児ルーム
  • 保育所・保育施設
  • 親子カフェ

法人向けサービス

  • ベビーシッター法人契約サービス
  • イベント 出張保育サービス
  • 事務所・病院内保育施設運営サービス
  • マンション・商業施設内保育施設運営サービス
  • 公共受託事業
  • コラボーレーション企画

ページトップに戻る