新卒入社 保育士 浦山佳与

良好な人間関係のなか、チームで働ける!子どもだけでなく、保育者にもあったかい環境です。

浦山 佳与(うらやま・かよ)先生

PROFILE

2014年4月入社
実践女子大学 生活科学部
生活文化学科 幼児保育専攻 卒業
小学館アカデミーまいた保育園 保育士

  • 趣味・特技:寝る、食べる
  • 血液型:O型
  • すきなことば:あたたかいものは、あたたかいうちに

当社を選んだ理由は?

見学会に参加し、私自身もあったかい心を持って、保育ができる環境だと感じたからです。

「ありがとう」と「ごめんね」が言えるということは、人間関係でとても大切なことだと思います。「ありがとう」と言ってもらえると、とても心があったかくなります。喧嘩をしていても「ごめんね」の言葉で、あったかい関係が戻ります。素直に「ありがとう」と「ごめんね」を言うことができるのは、「あったかい心」を持っている子どもだと思います。人を思いやることができ、それを言葉や行動で示すことができる子。そんな子どもたちを、私自身も「あったかい心」を持ちながら保育ができる環境だと、見学会に参加して感じたので、入社を決めました。

小学館アカデミー保育園のここが好き!

チームで働ける良好な人間関係と、ここだからできる体験があるところです。

就職活動をしていた時に「人間関係の良い環境で働きたい」と思っていました。小学館アカデミーまいた保育園は、良い意味で上下関係が無く、保育者全員が協力して保育にあたっています。先輩の意見が絶対ではなく、1年目の私の意見も聞いてもらえます。もし、私の言動や意見が適切ではない時でも、否定はせずアドバイスと考え直す機会をもらえます。最初は「新人だし…」となかなか意見が出せなかった私ですが、優しい先輩達のおかげで、だんだん自分の意見も言えるようになりました。職員同士、団結して働くことができ、保育者にもあったかい環境がここにはあります。そんな小学館アカデミー保育園が好きです。また、小学館アカデミー保育園は、子どもたちへの食育という観点からサンドイッチチェーン店SUBWAYさんの「サンドイッチ教室」で使用する、野菜のクイズコンテンツの監修を行っています。保育士という保育の専門家としての知識と経験を活かし、異業種とのコラボ企画に参加するチャンスがあるのも、小学館アカデミー保育園ならではだと思います。

今まで仕事をしてきた中で、1番嬉しかったことは?

保護者さまから、お子さまが喜んでいた様子を聞けたときです。

「先生のこと、大好きと言っていました。」「○○が楽しかったと喜んでいました。」という子どもたちの言葉を、保護者さまから聞くことができた時です。そんな時、明日を楽しみにしてくれているのだな、家でも思い出すくらい楽しかったのだなと感じ、とても嬉しくなります。保護者さまも、子どもたちのそんな言葉を聞き、安心していただけていたら、それはさらに嬉しいことです。それと同時に、もっと喜んでもらえるような、そしてキラキラした目を見ることのできるような、楽しい活動をしていきたいと、ますますやる気がわいてきます。

就職活動を考えている人へのメッセージをおねがいします!

就職活動をする中で沢山の不安があると思います。私もそうでした。まずは、見学会に行ってみてください!自分に合う素敵な保育園が見つかると思います。