子ども教育センター

ShoPro

トップ > 教育アドバイザー紹介

教育アドバイザー紹介

内田伸子先生

50の文字を覚えるより、100の“なんだろう?”を育てましょう。乳幼児期には遊びを通して『興味・疑問を持ち探求する心』を育てることが大切です。それが、思考力や創造的想像力、創造力の素となっていきます。

プロフィール

環太平洋大学教授、お茶の水女子大学名誉教授、十文字学園大学名誉教授、福岡女学院大学大学院客員教授、学術博士、小学館アカデミー/楽習保育®教育アドバイザー。 専門は発達心理学、言語心理学、認知科学、保育学。著書に『子育てに「もう遅い」はありません』(冨山房インターナショナル)、『子どもの見ている世界―誕生から6歳までの「子育て・親育ち」』(春秋社)など。 児童書、知育玩具などの監修も多数。 読書科学賞(日本読書学会,2000年)、日本心理学会国際賞(功労賞)(日本心理学会,2016年)、文化庁長官表彰(文化庁、2019年)他、受賞。

アレン玉井光江先生

21世紀、子どもたちが「世界市民」として成長していくために英語を駆使する力を獲得することは、とても大切なことです。英語の学びを通して、ことばの力、素晴らしさを改めて考えていきましょう。

プロフィール

青山学院大学文学部教授、教育学博士。小学館アカデミー教育アドバイザー・小学館の通信教育まなびwith英語教材開発者。 専門は児童英語教育、リタラシー教育、Storytelling。著書に『ストーリーと活動を中心にした小学校英語』(小学館集英社プロダクション)、『小学校英語の教育法―理論と実践』(大修館書店)、『小学校英語の文字指導』(東京書籍)など。 日本児童英語教育学会理事、小学校英語教育学会研究推進委員。

郡司 明子先生

多様な素材や用具にふれ、手や体全体を働かせるぞうけいあそびを通じて、豊かな感性や表現力を育み、楽しみながら学びに向かう素地を養います。

プロフィール

楽習保育®ぞうけいあそび教育アドバイザー
群馬大学 教育学部 美術教育講座 准教授

児玉 ひろ美先生

読み聞かせは、絵本の楽しさを友だちと共有し、体験や知識、考え方をひろげ地域、世界の人々と共感し合えます。

プロフィール

楽習保育®本育®あそび「よみきかせ」教育アドバイザー
一般財団法人出版文化産業振興財団読書アドバイザー、公共図書館非常勤司書、鎌倉女子短期大学非常勤講師。 著書に『0~5歳子どもを育てる「読み聞かせ」実践ガイド』(小学館)など

石川 陽子先生

音楽の力は大きく、想像力をより強く引き出してくれます。楽しく遊んでいる感覚でリズム感や表現力を養いましょう。

プロフィール

楽習保育®リズミック®あそびアドバイザー
全日本リトミック音楽教育研究会 東京支部長
全日本リトミック音楽研究会

増田 伸江先生

遊びの中で様々な物質に触れている子どもは、物性について体で感じ取り、自然科学に関する概念が培われます。

プロフィール

楽習保育®しぜんりかあそびアドバイザー
お茶の水女子大学附属小学校 理科教諭

飯田 琢郎先生

あそびを通じた中で、「仲間と協力する」「ルールを守る」「あそびを工夫する」とさまざまな体験をすることができます。

プロフィール

楽習保育®うんどうあそびアドバイザー
一般社団法人スポーツ環境整備機構 代表理事

TOPへ