ページトップへ戻る

ページトップへ戻る

必見! 人気講座ピックアップ

本や読書が大好きな人たちの
知的探求に応えます。

本を読もう! 講座を聞こう!

「もっと教養を深めたい」「役に立つ知識を身につけたい」
「いろいろなことを知りたい」「知らない世界の話を聞いてみたい」
そんな人たちのための講座、それが 小学館神保町アカデミー です。

申込要項はこちら

カテゴリ別講座一覧

おすすめ講座

講座一覧はこちら

①2021/11/10(水)19:00~20:30

②2021/11/24(水)19:00~20:30

③2021/12/15(水)19:00~20:30

  • 社会・生活

柳宗悦没後60年 今、民藝を知る、旅する

ふだん何気なく使っている「民藝」という言葉。実は、柳宗悦とその同志たちによってつくられた言葉であり、思想であり、運動であることをご存知ですか? 1925年頃に生まれたその言葉は、現代においても“民藝風”“民藝店”といったように、和のテイストをあらわす言葉として定着しています。でも、ほんとうの意味は違います。柳の没後、60年にあたる今年、民藝について学びましょう。きっと、「もの」を選ぶ視点が変わるはずです。さらに、柳の教えを今も守り続ける全国のつくり手(職人)、配り手(ショップ)など、とっておきの民藝旅のスポットもお教えします。
①民藝ってなに? 〜90分で学ぶ民藝の基礎知識
・そもそも民藝って? ・民藝という言葉、民藝運動が生まれた背景 ・柳宗悦と民藝同人について
②にっぽんの美しい民藝をめぐる旅(東日本編)
盛岡・秋田・会津・松本・飛騨高山など、民藝の街へ(東日本編)
③にっぽんの美しい民藝をめぐる旅(西日本編)
京都・倉敷・鳥取・出雲・沖縄など、民藝の街へ(西日本編)。

    • 講座番号/略称/日程
    • ■E-15【民藝】第1回:11月10日(水)19:00~20:30「今、民藝を知る、旅する」
      ---------------------------------------
      ■E-16【民藝】第2回:11月24日(水)19:00~20:30「今、民藝を知る、旅する」
      ---------------------------------------
      ■E-17【民藝】第3回:12月15日(水)19:00~20:30「今、民藝を知る、旅する」
      ---------------------------------------
      ■E-18【民藝】3回全て受講 各19:00~20:30「今、民藝を知る、旅する」
      ※講座番号と略称をご参照のうえ、「お申込みフォーム」よりお選びください。
    • 受講料
    • ■1回ずつ受講:各3,300円(税込)
      ■すべて受講:8,910円 (税込)※1回ずつでも受講いただけますが、「すべて受講」でお申込みいただくと1回あたりの受講料がお得になります。
    • 会場・集合場所
    • 小学館集英社プロダクション
      SP神保町第3ビル
      (東京都千代田区神田神保町2-18)
【講 師】
萩原 健太郎
【講師肩書】
文筆家
【プロフィール】
文筆家。日本文藝家協会会員。1972年生まれ。大阪府出身。関西学院大学卒業。株式会社アクタス勤務、デンマーク留学などを経て2007年独立。現在は東京と大阪を拠点に、デザイン、北欧、民藝などの周辺の執筆および講演を中心に活動。著書に、『にっぽんの美しい民藝』『北欧の日用品』(エクスナレッジ)、『民藝の教科書①~④』(グラフィック社)、『伝統こけしの本』『ストーリーのある50の名作椅子案内』(スペースシャワーネットワーク)、『北欧とコーヒー』(青幻舎)など

お申し込みはこちら

▼もっとみる

①2021/11/4(木)19:00~20:30

  • 自然・科学

図鑑今昔ものがたり~学習図鑑の歴史と編集現場

今、子ども向け学習図鑑は空前のブーム。出版各社からは毎年多くの新刊が発売され、児童書売り場の店頭は、それらの図鑑が百花繚乱の様相を呈しています。1900年代前半より、日本独自に発展してきた「学習図鑑」。それらは一体どのように現れ、どのような変遷を辿ってきたのか。そして今、編集者は何を考え、どこに向かっているのか。本講座では、その60年以上にわたる学習図鑑の歴史と、現代における編集現場の最前線の様子を、豊富な図版とともに紹介します(本講座は大人を対象とした内容です)。

    • 講座番号/略称/日程
    • ■E-13【図鑑】全1回:11月4日(木) 19:00~20:30「図鑑今昔ものがたり」※講座番号と略称をご参照のうえ、「お申込みフォーム」よりお選びください。
    • 受講料
    • ■2,200円(税込)
    • 会場・集合場所
    • 小学館集英社プロダクション
      SP神保町第3ビル
      (東京都千代田区神田神保町2-18)
【講 師】
北川 吉隆
【講師肩書】
小学館 図鑑室長
【プロフィール】
図鑑編集者。1992年小学館入社、2000年より図鑑編集部。2008年より編集長、2021年より図鑑室長。『小学館の図鑑NEO』シリーズ創刊からメンバーに加わり、『昆虫』『昆虫2』『魚』『両生類・はちゅう類』『水の生物』『カブトムシ・クワガタムシ』『科学の実験』等を担当。2018年に念願だった一般向けの魚図鑑『日本魚類館』を編集。今夏は、企画・編集した『深海生物』が発売になった。

お申し込みはこちら

▼もっとみる

①2021/11/6(土)13:30~15:00

②2021/11/27 (土)13:30~15:00

③2021/12/11(土)13:30~15:00

  • 社会・生活

崩壊する日本の地名近現代地名の変貌とその実態

地名は「日用品」であり、無形文化財の側面も併せ持っています。古代からの地名と令和に入ってからの新顔が混在する影で、消えた地名も珍しくありません。特に明治以降の近現代に入ってから何度かの「大合併」で新地名が続々と生まれ、一方で区画整理や住居表示の実施の影で多くが失われました。時代の波に翻弄されてきた無数の地名の個別の事例を取り上げつつ、近現代の「地名の風景」を概観してみましょう。
①地名の起源と種類
人はどのような状況で地名を付けてきたでしょうか。地形や地質に注目した自然地名から商工業に関する地名、土地政策にまつわる地名など各地に共通する地名に焦点を当てます。
②市町村名・駅名の命名法
明治維新を迎えて激変したのが地方自治制度に伴って誕生した市町村名で、それらは合併で頻繁に変化しました。さらに事実上の地名として影響力を増した「駅名」も取り上げます。
③地名を守る重要性
戦前から現代に至るまで変化を余儀なくされた地名も、「歴史の証言者」として見直しも進み、旧町名復活の動きも一部では始まりました。一方で相変わらずイマ風の地名も続出。

    • 講座番号/略称/日程
    • ■E-09【地名】第1回:11月6日(土)13:30~15:00「崩壊する日本の地名」
      ---------------------------------------
      ■E-10【地名】第2回:11月27日(土)13:30~15:00「崩壊する日本の地名」
      ---------------------------------------
      ■E-11【地名】第3回:12月11日(土)13:30~15:00「崩壊する日本の地名」
      ---------------------------------------
      ■E-12【地名】3回全て受講 各13:30~15:00「崩壊する日本の地名」
      ※講座番号と略称をご参照のうえ、「お申込みフォーム」よりお選びください。
    • 受講料
    • ■1回ずつ受講:各3,300円(税込)
      ■すべて受講:8,910円 (税込)※1回ずつでも受講いただけますが、「すべて受講」でお申込みいただくと1回あたりの受講料がお得になります。
    • 会場・集合場所
    • 小学館集英社プロダクション
      SP神保町第3ビル
      (東京都千代田区神田神保町2-18)
【講 師】
今尾恵介
【講師肩書】
地図研究家
【プロフィール】
1959年生まれ。横浜市出身。明治大学文学部ドイツ文学専攻中退。出版社勤務を経て1991年よりフリーライターとして地図・地名・鉄道の分野で執筆活動を開始。著書に『地図帳の深読み』(帝国書院)、『地名崩壊』(角川新書)など多数。現在『中央公論』、『オール讀物』などに地図・地名などに関連する記事を連載中。2020年には日本地理学会賞(社会貢献部門)を受賞。現在(一財)日本地図センター客員研究員、日本地図学会「地図と地名」専門部会主査。

お申し込みはこちら

▼もっとみる

小学館神保町アカデミーとは

150を超える古書店や専門書店が立ち並ぶ世界一の本の街――神保町
学生からシニアまで、本を求めて知的好奇心旺盛な人たちが集まり賑わっています。
そんな街・神保町を拠点にした文化・教養講座、それが「小学館神保町アカデミー」です。
小学館神保町アカデミーは、歴史・文学・芸術からサブカルチャーまで様々なジャンルをテーマにした講座をご用意して、
神保町に集まる人たちの知的探求に応えます。

「もっと教養を深めたい」「役に立つ知識を身につけたい」「知らない世界の話を聞いてみたい」

――そんな人たちに受けていただきたい講座です。
お茶の無料サービスがありますので、のどを潤しながらくつろいで講座を聞いてください。
書店めぐりの合間に、ひとときゆっくりと講座を聞く――
そんな神保町ならではの一日を過ごしてみてはいかがですか。

講師がみなさまのニーズに合わせて、お勧めする本をご紹介!
そのテーマのことをもっと知りたい、もっと勉強したいという時に役立ちます。講座を聞いたあとは是非、神保町界隈の本屋さんをのぞいてみましょう。

お申し込みはこちら

お知らせ

  • [2021年9月24日]

    「2021年度秋期講座募集開始」

    いつも「小学館神保町アカデミー」をご愛顧いただき、誠にありがとうございます。

    10月下旬から開講する秋期講座につきまして、募集を開始いたしました。
    人気の講座は満席になってしまうこともございます。
    ご興味のある講座がございましたら、ぜひ、お早めにお申し込みください。

    なお講座開講時は、これまで同様、マスク着用や体温測定、
    アルコール消毒の徹底、定期的な換気など感染防止策を行いながら、
    慎重に運営してまいります。

    ご受講の皆さまにはご不便おかけいたしますが、
    今後とも変わらぬご愛顧のほどよろしくお願い申し上げます。
    ※うまく表示されない場合は、お使いのブラウザのキャッシュクリアを
     お試しください。

  • [2021年1月7日]
    いつも小学館神保町アカデミーをご愛顧いただき誠にありがとうございます。
    本日、首都圏1都3県を対象に緊急事態宣言が発出されました。前回のような広範囲への休業要請はございませんが、午後8時以降の不要不急の外出自粛要請も含まれることを受け、夜間に行う講座の時間帯を変更しました。すでにお申込みいただいている受講者の皆様には、詳細が決まり次第、直接ご連絡差し上げます。なお、日中に行う講座につきましては、感染防止策を徹底したうえで通常どおり開催いたします。
    ご理解を賜りますようどうぞよろしくお願い申し上げます。
  • [2020年9月17日]

    【小学館神保町アカデミー再開のお知らせ】

    いつも「小学館神保町アカデミー」をご愛顧いただき、誠にありがとうございます。

    新型コロナウイルスCOVID-19の感染拡大防止のため、予定されていた全講座を休講しておりましたが、10月より再開する運びとなりました。政府や自治体の緊急事態宣言の発表を受けての休講ではありましたが、皆様には多大なるご迷惑をおかけしましたことを深くお詫び申し上げます。

    3月末の時点で延期のご連絡をさせていただいた講座も日程を調整したうえで、今月より再度募集をかけさせていただきます。詳細につきましては、本ホームページでご案内させていただきます。予定していた講座のなかでも残念ながら中止となった講座もございますが、ご理解のほどよろしくお願い申し上げます。

    講座は再開いたしますが、マスクの着用、体温測定、アルコール消毒の徹底、定員の制限や定期的な換気など感染防止策を行いながら、慎重に運営してまいります。ご不便おかけいたしますが、今後とも変わらぬご愛顧のほどよろしくお願い申し上げます。
    ご意見やご質問等がございましたら下記のメールアドレスまでお問い合わせをいただけますようお願い申し上げます。
    shogakukan-jimbocho-academy@shopro.co.jp
    (平日10:00~17:00 土日祝休)
    ※ご返信までに一定の期間を要する場合がございますため、ご了承いただけますようお願いいたします。

  • [2020年1月10日]
    2019年12月より「小学館神保町アカデミー」の公式Twitterアカウントを運営しております。
    新しい講座や実施済み講座の紹介、教室の様子や神保町情報等をツイートしております。
    同じ教室で運営しております、江戸 を楽しむ講座『江戸楽アカデミー』についても情報発信をしていく予定です。
    ぜひご確認いただけますと幸いです。