企画、営業、販売まで、
なんでもできるのが
販売制作事業部です

2016年
メディア事業本部 
販売制作事業部 販売課
N.T

大学生の頃は、「バスケ」「趣味」「アルバイト」に“だけ”勤しむ日々。その趣味も多岐に渡り、野球観戦、マンガ、映画、アイドルなどなど、幅広く楽しんでいた。特にマンガは自宅に1000冊以上(1000冊を超えてから数えるのをやめた)を所持している。マンガ好きが高じ、バイトも某中古本販売の店で行うほど。就活はエンタメ業界を主軸に、様々な業界の企業の話を聞き、一番楽しそうで、何にでも挑戦できそうなShoProに入社を決意。同期だけでなく、先輩後輩にも気の合う人が多く、気持ちよく働けている。社内の部活では、バスケ部に所属。休日だけでなく、平日の勤務後に他社の方とも合同で行わせていただいており、意外な出会いなども経験しながら、非常に楽しく活動している。

仕事内容

DCコミックス・MARVELコミックスなどの日本語版アメリカン・コミックスを中心とした書籍や、キャラクターカレンダーなどの出版物の販売業務全般を行っています。アメリカン・コミックスに関しては、日々の受注対応はもちろん、頻度は時期によりますが、2週に1度くらいのペースで、お取引のある書店や取次会社(出版業界の問屋)へ伺い、展開のご提案などの営業活動をしています。定期的に通って顔を覚えてもらい関係性をつくることで、本の発注状況や売場(棚)の状況を確認し、お互い意見を出し合いながら、より多くのお客さまに手に取ってもらえるような環境をつくり上げます。 カレンダーはシーズンものの商品ですが、営業自体は夏前から始まります。カレンダー問屋や出版取次会社に昨年の実績等を相談しながら、当該年度の卸数を交渉します。
ShoPro社内において、唯一ものづくりをしている部署として、魅力ある書籍や制作物を世に広めていくのが命題です。現在は販売課に属してはいますが、出版企画の立案もしており、実際に書籍化が実現した企画もあります。

この仕事の魅力・大変なこと

自分の頑張りが、売上という目に見える形で現れるところが非常に面白いと思います。商学部出身なのと、お金そのものが好きなので(笑)それがやりがいにも繋がっています。
また、ShoProとしては珍しい「ものづくり」ができる点も魅力です。販売のセクションに属していながら、企画から関わることもできるなど、何でもできる事業部だと思います。
一方で、今最も大変なことは「書籍販促プランの策定」です。
現在ShoProでは、アメコミだけでなく活字本の刊行も増えてきています。そのジャンルは「健康」「暮らし」「お金」「ノンフィクション」と多岐に渡っています。これまでは販売している書籍のほとんどがアメコミだったので、「アメコミファンの方にしっかりと届くように」ということを考えていました。ですが一般書となると、まず「読者層はどこなのか」というところから考える必要があり、その分析の後に「どの媒体の広告が一番刺さるのか」「デジタルとアナログ、どちらで攻めるべきなのか」ということを考え、どんな販促にどれくらいのリソースを割いていくのかを考え……。そしてこれをジャンルごと、タイトルごとに考えていかなければなりません。大変ですが、多角的に物事を見る視点も身につき、非常に面白味のある仕事だと思います。ShoProはアメコミ以外のジャンルではまだまだ新興出版社です。うまくいかないことも多いですが、なんとか「ヒット作を営業や販促で生み出したい!」というのが直近の目標です。

自分の○○なところが、
役に立っています

まだ自分が会社に貢献できているとは思っていないのでなかなか難しいですが、「自分の意見をしっかりと発言する」「とにかくがむしゃらに取り組む」「わからないこともとりあえずやってみる」の3つが大切かなと思っています。特に、自分の意見を言うということに関しては、出さない意見は無思考と同じだと思うので、なるべく考えていることを周囲に発信するようにしています。当然、自分とまったく同じ考えの人ばかりがいるわけでもなく、「それは違うんじゃない?」と指摘されることもあります。ただ、相対する意見が出るのは当たり前のことですし、企画会議などではメンバーそれぞれが思っていること、考えを伝えてディスカッションしていかないと場が動かないので、否定されることを恐れず、積極的に発言することを心掛けています。特に、ものづくりをしている販売制作事業部では、これまでと同じような企画提案ばかりをしていては良い方向に進んでいかないと思うので、新人や若手社員だからこその視点を共有していくことが求められているのではと感じています。

ShoProって
こんな会社

・立地が良い!
・東京ドーム、神宮球場が近いので野球観戦に行きやすい。
・隠れ家的なお店が多く、ジャンルも様々。まわりきれない!

・人が良い!
・入社以来同じ部署にいますが、他部署の人とも交流があって仲良くなれる!(だけど押しつけがましくはない!)

ある日の
スケジュール

7:00起床。身支度を整える
7:40家を出る
9:30仕事スタート。メールチェックや受注対応など
12:00ランチ
13:00営業に出る準備を整える
14:00書店営業へ
17:00渋谷を経由して、横浜の書店へ訪問。直近刊行物の状況確認や新刊の案内をする
17:30横浜で業務終了。スマホに営業内容をメモしながら自宅へ直帰
18:30学生時代のゼミの先輩たちと二子玉川で飲み会
23:30帰宅。趣味に興じる

私の愛してやまないもの

バスケットボール

中学生の頃から、約14年間続けています。
部活は高校まででしたが、大学からは地元のクラブチームや高校OBチームなどで続け、入社後はShoProバスケ部に参加しています。