「あそび」と「まなび」のたいけんくうかん『ポケモングローバルアカデミー』

[小学館集英社プロダクションが運営する]学童保育サービス付の放課後エデュケーション[小学館集英社プロダクションが運営する]学童保育サービス付の放課後エデュケーション

[お電話でのお問い合わせは]03-3515-6814 [受付時間] 平日10:00~19:00

説明会お申込み・お問い合わせ
> よくあるご質問

MENU

トップ > 習い事オプション > 東京インターナショナルスクール アフタースクールLTEコース

習い事オプション

習い事オプション

東京インターナショナルスクール アフタースクール LTE(Learning Through English)コース

東京インターナショナルスクール アフタースクール LTE(Learning Through English)コース

「英語を学ぶ」のではなく、「英語で学ぶ」

日本で有数の「国際バカロレア(※)認定校」である東京インターナショナルスクール (東京都港区)。その知見と強みを活かして、日本の子どもたちのために開発されたのがLTE(Learning Through English)カリキュラムです。従来の単語や文法を暗記する英語学習法とは異なり、子どもたちは発達段階に応じて設定されたテーマを「英語で」学んでいきます。

Toddler(2歳児と保護者)、Kids(幼稚園児)、Junior(小学1・2年生)の3クラス

LTEコースは、幼稚園入園前の2歳のお子さまと保護者様を対象にしたToddlerクラス、幼稚園児を対象としたKidsクラス、小学1・2年生を対象としたJuniorクラスがあります。授業は週1回、平日60分又は土曜日3時間です。教師は全て英語ネイティブで、授業は全て英語になりますが、好奇心を刺激する独自のカリキュラムの力で、子どもたちは集中力を切らすことなく楽しく、学ぶことができます。

グローバル・スキル「8つの視点」

英語は世界の公用語となっているとはいえ、あくまで伝達手段に過ぎません。大切なことは、英語で考える力、誰の前でも自信を持って英語で自分を表現できる力、そして、自分自身も他人も愛することができること。LTEコースでは、英語力のみならず、グローバル時代に欠かせない8つのスキルを育んでいきます。
※世界標準の探究型カリキュラム。高校課程(DP)まで履修すると世界の有名大学への入学資格が取得できる。

[Critical Thinking & Problem Solving(論理的思考と問題解決能力)情報を分析し、物事を様々な角度から見て問題を解決していく力です。][Communication & Collaboration(コミュニケーションとコラボレーション)異なる文化的背景を持つ多様な人々とコミュニケーションし、共働する力です。][異なる文化的背景を持つ多様な人々とコミュニケーションし、
共働する力です。(柔軟性と順応性)変化し続ける状況に柔軟なアプローチで順応していく力です。][English Ability(英語運用能力)英語をコミュニケーションの道具として確実に使いこなす力です。][Emotional Literacy(エモーショナル・リテラシー)様々な心の動きを理解し、豊かな人間関係を築いていく力です。][Leadership & Responsibility(リーダーシップと責任)任務を果たし、責任を取る。社会をより良くするための力です。][Self-Management(自己管理)自分の学習に対して主導権を持ち、教育に自ら参加していく力です。][Creativity & Innovation(創造力と革新性)新しいことを生み出す力、自分で世界を変えていく力の育成を目指します。]

Critical Thinking & Problem Solving論理的思考と問題解決能力

情報を分析し、物事を様々な角度から見て問題を解決していく力です。

Communication & Collaborationコミュニケーションとコラボレーション

異なる文化的背景を持つ多様な人々とコミュニケーションし、共働する力です。

Flexibility & Adaptability柔軟性と順応性

変化し続ける状況に柔軟なアプローチで順応していく力です。

English Ability英語運用能力

英語をコミュニケーションの道具として確実に使いこなす力です。

Emotional Literacyエモーショナル・リテラシー

様々な心の動きを理解し、豊かな人間関係を築いていく力です。

Leadership & Responsibilityリーダーシップと責任

任務を果たし、責任を取る。社会をより良くするための力です。

Self-Management自己管理

自分の学習に対して主導権を持ち、教育に自ら参加していく力です。

Creativity & Innovation創造力と革新性

新しいことを生み出す力、自分で世界を変えていく力の育成を目指します。

カリキュラムの特徴

  • 好奇心を刺激する
    「探究型カリキュラム」

    発達段階に応じて設定されたテーマを英語で探究するというプロセスを通じ、子どもたちは効果的に基礎的な英語力とグローバルスキルを獲得していきます。

  • 教育経験豊富な
    英語ネイティブ教師

    教師は大学卒業以上の資格を持ち、教育経験が最低2年以上の英語ネイティブです。

  • 2歳のお子さま向け
    親子で参加できるToddlerコースも

    幼稚園入園前の2歳児と保護者様対象のToddlerコース。3学期からはお子さまと教師だけでレッスンを行い、お子さまの自立を促します。

学習のテーマ

学年・学期ごとに設定されたテーマを教師とともに英語で学んでいきます。

授業の流れ

授業は、学期ごとに設定されたテーマをディスカッションやゲームなどをして探究する時間と、アクティビティブックを使って探究する時間、探究のベースとなる英語力を強化する時間の3つのプログラムで構成されています。

ある日のレッスンの流れ ※3時間コース(土曜日・午前中)の例
10:00 Warm-up Activity (ウォームアップアクティビティ)1週間ぶりにあったクラスメイトとトピックスを共有したり、身体を動かすアクティビティでウォームアップ。
10:25 Theme Activity1 (テーマ学習1)今学期のテーマは「恐れずに挑戦する」。今週はみんなの前で自分の好きなものをプレゼンテーションする 「Show & Tell」に挑戦。まずは自分を表現方法をゲームで練習します。
10:55 Book Time(ブックタイム)続いてアクティビティブックを使って、自分が自信を持ってプレゼンする姿を4コマの絵に書いてイメージング。
11:05 Theme Activity2(テーマ学習2)いよいよ「Show & Tell」スタート!順番に家から持ってきた自分の好きなものをプレゼンテーション。
11:25 Lunch & Play Timeランチ&プレイタイム。教師と一緒に楽しく過ごします。
11:55 Language Strategies(英語能力の強化プログラム)探究学習の基礎となる英語力を磨く時間。読む、書く、聞く、話すの4技能をバランスよく育てます。
12:35 Theme Activity3(テーマ学習3)最後のアクティビティ。勇気を出して自分を表現することのメリットについてディスカッションをします。
12:55 Good Bye Song最後はGood Byeソングでお別れです。See you!

Language Strategiesで使用するテキスト

「探究型カリキュラム」に教科書はありませんが、探究の質を高めるために、Language Strategiesの時間には、オリジナルのアクティビティブックとアメリカで英語を母国語として学ぶ子どもたちのために開発された「Reading A-Z」という教材を使用します(Toddlerコース除く)。こちらの教材は東京インターナショナルスクール本校でも使用されています。

特徴1

英語レベルを米国のレベルと照らし合わせて把握することができます。

特徴2

図書や教材(ワークシートやディスカッションシート)などが豊富で、探究テーマに沿った内容のものを使用することができ、より興味をもって取り組めます。

特徴3

応用が利き、教師のアプローチにより、クラス内で違うレベルの生徒がいても一緒に同じ教材を使用することができます。

学期に1回の評価システム

学期末に子どもたちの英語力とグローバル・スキルの獲得状況を評価シートを使用してフィードバックします。例えば、LTE Junior(小学生)の場合、「英語スキル」「行動・態度」「テーマへの理解度」といった視点から評価をします。

楽しいから続いています!保護者様アンケートより

【LTEカリキュラム受講理由】探究型カリキュラムだから…40.0% 教育方針に賛同…39.2% 子どもが楽しそうだった…37.7% 【通学後、満足している点】子どもが楽しんでいる…86.0% 授業の内容…39.5% スタッフの対応…37.7%【LTEカリキュラム受講理由】探究型カリキュラムだから…40.0% 教育方針に賛同…39.2% 子どもが楽しそうだった…37.7% 【通学後、満足している点】子どもが楽しんでいる…86.0% 授業の内容…39.5% スタッフの対応…37.7%

コメント

「以前のスクールは、いつも同じようなことをやっていて子どもが飽きてしまっていました。ここは探究型のカリキュラムなので子どもが楽しんで通っています」「英語をツールとして学ぶ、という教育理念を聞いてこれだ!と思いました。説明会の体験レッスンを受けて、子どもがここに通いたい、と言ったことも決め手です。」

ページの先頭へ
©Nintendo・Creatures・GAME FREAK・TV Tokyo・ShoPro・JR Kikaku
©Pokémon