お知らせ

  • 2021/02/19
    小学館とShoProの共催による事業創造プログラム「小学館アクセラレーター」より離乳食BOXのご案内

株式会社小学館(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:相賀昌宏)と株式会社小学館集英社プロダクション(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:都築伸一郎、以下ShoPro)は、事業創造アクセラレーター・コーポレートアクセラレーター(注1)を運営する株式会社ゼロワンブースター(本社:東京都千代田区、代表取締役:鈴木規文)とともに、事業創造プログラム「小学館アクセラレーター」にご参加いただくチームを選抜するための最終選考会を2020年11月9日(月)に開催しました。
その結果として、10チームの支援プログラム参加が決定しました。

小学館アクセラレーター
https://www.shogakukan2020-01booster.com/

採択されたFUNFAM株式会社https://funfam.jp/より、宅配離乳食BOX「ごかんごさい」のご案内です。

以下、FUNFAM株式会社からのメッセージとなりますので、ご確認のほどよろしくお願い申し上げます。

ーーー

ベビーシッターのHAS HP をご覧のみなさまへ  

ママベビー系イベント、セミナー、芝浦・白金離乳食スクールなど、年間延べ1万人以上のママパパと接している離乳食研究家YASUYO。彼女は、自分の娘さんがアレルギーだった経験をもとに竹食器FUNFAMを設立するとともに、離乳食・幼児食専門の料理教室を立ち上げました。 

そんなYASUYOがセレクトした安心安全な宅配離乳食BOX「ごかんごさい」!

事業への想い.png

月齢に合った商品と離乳食研究家YASUYOのレシピを詰め合わせてお届けする「ごかんごさい」には、オンラインの料理教室もついており、コロナ禍で不安なママ・ベビーにぴったりのサービスです。 

「ごかんごさい」とは、五感と5歳を掛け合わせた造語です。

YASUYOさんのメソッド曰く、「子どもの食習慣の礎が作られるのが5歳までであり、この年齢までに五感(味覚・視覚・臭覚・聴覚・触覚)を育むことこそ、その後の子どもの健康を左右する大事な要素であると考えているため」だそうです。添加物や成分を吟味し、メーカーの方や生産者の方と話しを積み重ね、本当に良いものだけをチョイスし、オリジナルのレシピを作っています。 

ごかんごさい.png

毎週月曜日には、無料の離乳食お悩み相談会をインスタグラムで行ったり、ライブ配信を行ったりと精力的に活動されるYASUYOさんとこの「ごかんごさい」に注目です。 

https://www.instagram.com/gokangosai/

 

離乳食研究家YASUYO/FUNFAM代表取締役

国際線のフライトアテンダントとして世界中を飛び回りながら世界の食文化や料理を研究。

子どもの出産を機に退職し、我が子のアレルギー体質からこれまでの食生活に問題を感じ、母子ともに健康生活を送れるようにというテーマで自然素材の竹食器FUNFAMとオリジナルレシピを開発。

同じ悩みを持つ同世代のママ達にミールソリューションというテーマで現代のママと子どもの食のサポートプログラムを始めています。

ご興味がございましたら下記HPよりお申込みください。

2月22日(月)までのお申し込みで3月からの定期BOXが届きます。

https://www.clubyasuyo.com/gokangosai/

こちらのサービスに関するご質問などございましたら下記にご連絡ください。

03-5422-9858
info@clubyasuyo.com

前へ: 年末年始のご案内

次へ:<重要:更新> 「緊急事態宣言」期間中のサービス提供体制につきまして

お知らせ一覧に戻る