「絆プログラム」指導者研修会を開催いたしました!

| コメント(0) | トラックバック(0)

2012年3月23日(金)、「絆プログラム」の指導者研修会を開催いたしました。

「絆プログラム」は、全国初の官民協働刑務所である美祢社会復帰促進センターにて、2010年より開始。開始当初よりメディアから注目を浴びている話題のプログラムです。絵本を選び、家族・大切な人を想定して絵本を読む、という一見シンプルなプログラムですが、グループ内で絵本を読み合い感想を述べ合うことでグループ内に心の交流が生まれ、自然とお互いを肯定する雰囲気が生まれ、受講者に「自分も頑張ろう」という気持ちを芽生えさせます。

本研修会は、監修者の村中李衣氏を迎え、「絆プログラム」の短縮版を実際に体験していただきながら、プログラムを実践するうえでの指導ポイントを学んでいただきました。


※当日の様子を伝える新聞記事(2012年5月30日 東京新聞・中日新聞 夕刊)。

東京新聞 夕刊切り抜きのコピー.jpg

「絆プログラム」は、刑事施設にとどまらず、離れた家族・大切な人へ向けて絵本を読む、というシチュエーションであれば、どのような方にも適用可能なプログラムです。

今後も、本プログラムを通じて、絵本の持つ力、可能性を広めていければ幸いです。

株式会社小学館集英社プロダクション