「江戸検」が終わって勉強する目標を失ってしまった、という方はいませんか。
合格目指して一生懸命勉強し蓄積してきた「江戸」の知識です。折角蓄えた知識をもっと高めて、これからも江戸に興味・関心を持ち続けてほしいと思います。
「江戸楽アカデミー」では今回、「江戸検」受験などで得た江戸の知識を今後に活かしていただけるような、中・上級者向けの講座をご用意しました。 4つのテーマを取り上げ、これまでの試験のために覚えた知識を更に掘り下げたり、専門家の考察を聴くことで、みなさまの江戸の学習に役立てていただける内容です。
知識の「量」から知識の「質」へ――知識の「質」を高めるうえで重要と思われるテーマです。
これからも継続的に江戸の勉強に取り組む、そのきっかけになれば幸いです。
みなさまのご参加お待ちしております!

コースのご案内

コース番号 1

大都市・江戸の形成
講師/小林信也(川村学園女子大学講師)
政治的・経済的中心都市として安定を図るべく、徳川幕府はどのように江戸という都市を編成していったのでしょう。支配階級である大名・旗本・御家人といった武士たち、精神世界で人々を領導する宗教者たち、経済活動の直接的担い手である町人たちという3つの基本的な身分ごとに、武家地、寺社地、町人地というかたちで江戸の都市空間は区分されていました。それぞれの区分で支配・管理体制が整えられる中で、どのような過程があり、どのような政策が施されたのかを見ながら、大都市・江戸が全体的にどのように形成され、そして変化していったのか、詳しく考察します。
【取り上げる主なテーマ】
・武家屋敷の種類
・大名屋敷の内部
・浅草寺と寛永寺
・江戸の聖域
・町人地と町と町屋敷
・豪商の活動
・裏長屋の庶民生活
日時 ① 3月 6日(土) 10:30~12:30
② 3月27日(土) 10:30~12:30
③ 4月17日(土) 10:30~12:30
講義時間 2時間×3回
定員 20名
受講料 11,550円(税込)
申込状況 △(あと少し)

コース番号 2

江戸城 -建築史からの視点と考察-
講師/小粥祐子(東京都公文書館専門員)
江戸城について、もっと詳しく学びましょう。本講座は、江戸城のうち天守と御殿といった城内の建築物に焦点を絞り、皆さんと一緒に図面や古文書などの史料を読みながら、造営の歴史や御殿の構成、御殿のインテリアなどを詳しく解説してゆきます。在りし日の建築物に思いを巡らせその知識を深めることで、城内の散策やガイドなどが数倍楽しく濃厚なものになることでしょう。
【取り上げる主なテーマ】
・天守
・御殿
・造営史
・表・奥・大奥
・インテリア(意匠・装飾)
・将軍と御台所の生活空間
・儀式空間としての江戸城
日時 ① 3月27日(土) 13:30~15:30
② 4月17日(土) 13:30~15:30
③ 5月 8日(土) 13:30~15:30
講義時間 2時間×3回
定員 20名
受講料 11,550円(税込)
申込状況 △(あと少し)

コース番号 3

徹底学習!徳川幕藩体制
講師/滝口正哉(立教大学特任准教授)
武家の制度を知ることは、江戸時代を学ぶうえで大変重要です。250余年の武家政治を確立したその制度は、強固な階級的組織として構成され、様々な場面において可視化されることで普遍化されました。本講座では、武家を統制・支配した制度や慣例を、様々な資料を追いながら詳しく学んでゆきます。自学自習で資料や文献にあたる時、趣味で触れる小説や時代劇を楽しむ時など、しっかり身に着けておくときっと役立つ知識が満載の内容です。
【取り上げる主なテーマ】
・幕藩体制とは
・徳川家・大名・旗本・御家
・武家の役職・家格・位階官職
・可視化される様々な事例 登城・儀礼屋敷・参勤交代・俸禄など
・資料・文献解説 「武鑑」「寛政重修諸家譜」「殿居嚢」など
日時 ① 3月28日(日) 13:30~15:30
② 4月11日(日) 13:30~15:30
③ 4月25日(日) 13:30~15:30
④ 5月 9日(日) 13:30~15:30
講義時間 2時間×4回
定員 20名
受講料 15,400円(税込)
申込状況 ×(満席)

コース番号 4

よくわかる!江戸の暦
講師/浦井祥子(徳川林政史研究所非常勤研究員)
古今東西の歴史の中で、人々の暮らしに欠かせない「暦」は、それを管理する為政者にとっても重要なことでした。江戸時代、徳川幕府は当時最先端の天文知識を用いた暦を作らせましたが、更にそれを改暦するなど、その変遷からも重要性が伺えます。
本講座では、江戸時代以外の暦や西洋における暦なども詳しく解説するなど、「暦」についての基本的知識をしっかりと身につけていただきながら、江戸時代の暦について詳しく学んでゆきます
【取り上げる主なテーマ】
・暦全体の総論
・暦とは何か
・江戸時代以前の暦
・世界の暦
・江戸時代の暦
・江戸時代以後の暦
・大小暦を読んでみる
日時 ① 4月11日(日) 10:30~12:30
② 4月25日(日) 10:30~12:30
③ 5月 9日(日) 10:30~12:30
④ 5月23日(日) 10:30~12:30
講義時間 2時間×4回
定員 20名
受講料 15,400円(税込)
申込状況 〇(受付可)

会場

小学館集英社プロダクション・SP神保町第3ビル(東京都千代田区神田神保町2-18)
[交通]地下鉄「神保町」駅A4出口より徒歩約2分・JR「水道橋」駅より徒歩約11分
地図

※会場の地図は「受講証」にてご案内いたします。

受講にあたってのご注意・お願い

◇入室前の手洗いやうがいの奨励の他、入室時には必ず手指のアルコール消毒をお願いいたします。
◇マスクをご持参のうえ、教室内では必ずマスクの着用をお願いいたします。咳エチケットなどにもご配慮ください。
◇講義中や入替時間中にフロア内の換気をいたします。室内の冷暖房効果が下がる場合がありますこと、ご容赦ください。
◇教室内でのお食事は禁止させていただきます。お飲み物はお摂りいただいて構いません。
  十分な水分補給にもご留意ください。
◇微熱がある場合や咳、倦怠感などご体調がすぐれない場合はご参加をお控えください。

受講申し込み方法

所定の「受講申込書」に必要事項を漏れなくご記入のうえ、FAXまたは郵便にてお申し込みください。

受講申込書の入手方法はこちら

受講お申し込み先

小学館集英社プロダクション・江戸楽アカデミー係

«FAXの場合»(24時間受付)
03-3515-6881
※混雑のためFAXが通じにくい場合があります。

«郵便の場合»
〒101-0051 東京都千代田区神田神保町2-20 SP神保町第2ビル5階
小学館集英社プロダクション・江戸楽アカデミー係

  • ◇電話・インターネットからのお申し込みはできません。

申し込み受付について

各コースとも、講座日の6営業日前まで申し込みを受け付けます。(先着順・定員になり次第締め切り)

  • ※直前の場合はお電話でお問い合わせください。
  • ※各コースのお申し込み状況は、当ホームページの各コース詳細をご参照ください。但し、実際の申込み状況とネット上での掲示には多少の時間的誤差がありますこと、予めご了承ください。

受講料のお支払いについて

◇当方より「請求書」をご郵送いたします。「請求書」に添付してある所定の振込票をご利用のうえ、 最寄りのコンビニエンスストアにて、受講料のお支払いをお願いいたします。
◇「請求書」に記載されている支払い期日までに受講料をお支払いください。支払い期日を過ぎますとコンビニ店頭でのお支払いができなくなり、「請求書」の再発行(有料)が必要となりますのでご注意ください。

お申し込み・お支払いに関するご注意

  • ◇ 講座日の6営業日前を過ぎますとキャンセルや受講コースの変更はできません。
  • ◇ キャンセルによる返金手続きが発生した場合は、事務手数料として2,000 円(税込)を頂戴いたします。
  • ◇ 以下の事由により「請求書」を再発行する場合は、別途に手数料として1,000 円(税込)を頂戴いたします。
       ・「請求書」を紛失した場合
       ・支払い期限が過ぎた場合の「請求書」の再発行
       ・ご入金前のキャンセルや受講コース変更による「請求書」の再発行
  • ◇ 講師の急病など当方事情により講座が中止となった場合は、受講料を全額ご返金いたします。
  • ◇ 欠席された場合、後日他のコースに振り替えて受講をすることはできません。
  • ◇ 受講申込書受け付け後5 ~ 10日を目途に、「請求書」および「受講証」を発送いたします。
      (郵便事情その他の理由により前後する場合があります)

「受講証」について

「請求書」とともに「受講証」を同送いたします。「受講証」には受講いただくコースが記載されています。

  • ◇「受講証」にて受講コースを必ずご確認ください。
  • ◇会場の地図は「受講証」にてご案内いたします。
  • ◇当方より「請求書」「受講証」が届くまで、「受講申込書」はコピーなどをしてお手元に保管しておいてください。

  • ※お申し込み時にいただいた個人情報は当講座運営及び次回以降のご案内並びに弊社が運営する他講座のご案内に関することのみを目的に使用いたします。

講座に関するお問い合せ先

TEL 03-3515-6780 
小学館集英社プロダクション・江戸楽アカデミー係(10:00~17:00 土日祝休)
主催/小学館集英社プロダクション