TOP企業情報沿革

沿革

1990

  • 国際コミュニケーション英語研究所「IRICE」発足
  • 岩手県東和町「子ども英語サロン」を教育・運営面から支援
  • 幼児教室のレーザーディスク教材完成

1989

  • ビデオジャポニカ事業部発足
  • 小学館ワールドパル学院開設
  • 本社社屋を(旧)昭和ビル(千代田区神田神保町)に移転

1988

  • イベント「全国縦断ミ二四駆ジャパンカップ」を実施
  • 「ドラえもん夢気球祭り」のイベントを制作
  • 中学生対象「jパルコース」(英語・数学)を開始

1987

  • ホームパル生徒対象、第1回スピーキングコンテストを実施
  • スクールの呼称を「小学館ホームパル」(略称:ホームパル)とする
  • スクール新教材「Hello to English」、新中学英語コース教材が完成

1986

  • 井上陽水のカセットブック「歌う見人」を制作
  • コンピューターによる学習支援システム・CAI教室の実験校を開設
  • ダイエーとのタイアップによる幼児教室第1号教室(現・ドラキッズ)が、千葉県八千代台にオープン

1985

  • チェッカーズ、菊池桃子の写真入り缶詰を発売
  • コロちゃんパック・シリーズ「ドラえもん」、コロムビアのゴールデンディスク賞を受賞

1984

  • チェッカーズのカレンダーを制作し、45万部の大ヒット
  • 全国のスクールで「ビデオ英語教材」の使用開始

1983

  • 「パーマン」、「みゆき」の商品化権管理業務開始
  • 小学館学習まんがシリーズ「英語なんでもQ」制作編集
  • 埼玉支社開設

1982

  • 仙台、新潟、長野、長崎に支局開設
  • 小学館発行の雑誌と連動した通信販売業務を開始

1981

  • ボランティア活動を通じたリーダー養成を目的に「小学館レクリエーションリーダーズクラブ」発足
  • スクールに、これまでの英語に加え、算数・数学コース導入
  • スクール生徒の母親を対象とした英会話教室を開設
  • 和歌山、三重、茨城、山口に支局を順次開設