チーム一丸となって
『まなびwith』を
成長させます

2016年
エデュケーション事業本部 
通信教育事業部 営業課
U.K

東北から大学入学を機に上京し、サークルは放送研究会に所属。学園祭のステージイベントの企画運営(映像・音響機材の操作など)に携わる。そうした学生時代の経験や、子どものころから映画(某魔法使いの物語や、世界的に有名な某エンタメ会社のアニメ作品など)が大好きだったこと、アイドルにはまっていたことなど、自分がたくさんのエンタメに囲まれて育ち、時に励まされて生きてきたことに気づき、エンタメに関わる仕事をしたいと思うようになる。ShoProは、そうした思いが叶えられる会社であり、また面接を通して自分らしさを出せる環境であると感じ、入社を決意。

仕事内容

事業部全体で運営している通信教育『まなびwith』の、宣伝・販売促進を担当しています。メイン業務は以下の通りです。

①広告(紙媒体系)の企画・制作
入会見込み顧客へ発送するDMや、育児系フリーペーパー等に出稿する広告紙面の内容を企画・制作します。ラフ(イメージを書き起こしたもの)の作成から行い、社内の制作担当者やデザイン会社とやり取りをしながら進めていきます。他社のDMや広告を見て研究することも、顧客に響く内容を考えるにあたって重要です。

②テレマーケティング業務の窓口
電話を通して入会見込み顧客とコンタクトを取り、入会獲得へとつなげていきます。実業務は外注していて、適宜、担当者と情報共有を行っています。

③入会プレゼントの企画・制作
目覚まし時計やホームワークキャディなどのプレゼントを、社内やノベルティ制作会社と調整しながら制作します。

④アンケート・インタビュー調査の実施
『まなびwith』が顧客にどう捉えられているか、コミュニケーションにズレが生じていないかなどを確認し、今後の施策の方向性を決めるための調査を定期的に行います。

⑤イベントへの出展・運営
『まなびwith』の認知拡大を目的に、子ども向けイベントにブースを出展し、コンテンツを体験していただく機会を設けています。出展に向けての準備、当日の運営、ディレクションまですべて自社で行うこともあります。『まなびwith』の立ち上げ当初は、プロモーションのために全国各地を回りました。

『まなびwith』は2019年に立ち上がったばかりのブランドなので、チーム全体で『まなびwith』を成長させていくための施策を考えるなど、メイン業務以外にもさまざまな仕事があります。

この仕事の魅力・大変なこと

夏に出展した『宿題・自由研究大作戦!』というイベントで、子どもたちが『ナゾトキ学習』というコンテンツに楽しく取り組んでくれている姿を見て、「やっていてよかった!」「これからも頑張ろう!」という気持ちになれました。
商材自体はBtoCでも、通信教育の特性上、普段は子どもたちの顔が見えません。「資料請求数は…入会数は…」と数字ばかり気にしてしまうこともあります。もちろん、数字がやりがいにつながるという面もありますが、やはりお客さまのポジティブな反応を直接見られることは、やる気に直結するなと感じます。

※『まなびwith』に導入している、自発的な学習を促す仕組み。東京大学謎解き制作集団『AnotherVision(アナザービジョン)』が制作を監修している。

これまでのキャリア

通信教育事業部で、3つの課を経験しています。

自分の○○なところが、
役に立っています

「1つのことをとことん追求するところ」です。
もともとオタク気質ということもあるのですが、1知ったら10知りたくなる性格で、それが自分の担当業務においても発揮されているように思います。自分がかかわった業務のことは、表面上ではなく、その目的や経緯、意図などを深くまで理解し、知識や経験としてきちんと吸収するように心がけています。
今まで事業部内で2回異動していますが、1つのことに没頭したことが、結果的に違う領域でも活かせたと感じることもよくあります。

ShoProって
こんな会社

人があたたかい
就職活動時、選考を受けている時からShoProの人のあたたかさは断トツ!と思っていました。ありのままの自分を出してもいいんだと思わせてくれる雰囲気で、それは入社してからも変わりません。仕事中、少し落ち込んでいたりすると周りの人がすぐに気づいて「大丈夫?」と声をかけてくれたり、ちょっとした雑談をしている時なども、とても心が安らぎます。通信教育事業部はひとつのコンテンツを部員全員で運営しているので、その分つながりも強いのではと感じています。みんなでキャンプに行ったりもします!

事業領域が幅広い
メディアから教育まで様々な事業を展開しているので、1つの会社の中で自分のやりたいことを探せる環境にあるというのはとても恵まれているなと思います。元々、エンタメに関わる仕事がしたいと思って入社したShoProで、今は教育の仕事に携わっていますが、1から企画を立てることができたり、子どもの成長に関わることができるという点でも非常にやりがいを感じており、最初の配属が通信教育事業部で良かったと思っています。キャラクターライセンスにも興味があるので、今後チャレンジしてみたいです。

ランチ、飲み会の場所に困らない
取引先の方々にもよく羨ましがられます!

ある日の
スケジュール

7:30起床。朝のニュースを見ながら身支度
9:00家を出る
10:00仕事スタート(フレックス!)、メールチェック
12:30ランチはお気に入りのカフェでまったり
14:00課内ミーティング
16:00取引先と打合わせ
17:00制作物の校正など
19:00退社。
映画館で新作の映画を鑑賞

私の愛してやまないもの

旅行×自然×カメラ

旅先にカメラを持っていき、海や山などの景色、生き物を撮ることにはまっています。写真は夏に撮影した新潟県の『清津峡』です。